CRMの種類

システム

実行系のCRM

実行系のCRMシステムでは主に営業、マーケティングなどに関連する業務を自動的に行ってくれることが特徴的になります。また、実行系のCRMシステムにはSFA、マーケティングオートメーション、サービスオートメーションなどの種類があります。

分析系のCRM

分析型のCRMシステムでは、自社で蓄積してきた顧客データに基づいて、情報を統合的に処理し、実際に目に見える形を表現してくれます。そのため、販売計画などの立てやすく、最適な戦略を練ることができます。

協働系のCRM

最近、注目されているのが協働系のCRMシステムになります。協働系のCRMシステムは他のCRMシステムと違い、他のサービスとの連携を目的としています。つまり、単一で使うのではなく、複数のシステムと連動することでより業務を効率化することができます。

CRMに関する疑問について

自社での業務を効率化したいならどのタイプ?

自社での業務を効率化するためには、実行系のCRMシステムを選ぶといいでしょう。実行系のCRMでは、自社での業務を代わりに自動で管理してくれます。そのため、効率的に仕事を行うことができます。

顧客データをグループ化することができる?

顧客データをグループ化して管理したいならCRMならどれでもできますが、分析型のCRMがおすすめです。顧客の購入するタイミングを分析して、周期ごとでA、B、Cグループと分けることが可能です。

CRM導入で二重営業を防止できる?

実行系のCRMであるSFAでは、営業職の方をサポートする機能が沢山あります。その中でも特に、優秀な機能は顧客一人一人に担当者をきちんと振り分けることが可能な点でしょう。担当者を振り分けることで、二重営業を防ぎます。

中小企業でCRMシステムを導入すべき?

むしろ、中小企業だからこそ、CRMシステムを導入すべきでしょう。CRMシステムを活用すれば、顧客のニーズを分析することができますし、そのニーズに合わせて新商品のヒントも得られる可能性もあります。

結局どのタイプが優秀なの?

CRMシステムを導入する時は優秀な機能を選ぶことも大切ですが、どのタイプが優秀ではなく、どのタイプが自社に合っているかで選ぶことが一番です。ですから、自社でCRMを導入する時は自社に合ったシステムを導入するといいでしょう。

CRMシステムに関する記事

システム

CRMのメリットを知ろう

CRMシステムを導入することでどのようなメリットを得ることができるのか、知っておきましょう。CRMシステム導入のメリットには、顧客情報の管理がしやすい、在庫の管理がしやすい、経営戦略を立てやすいなどが挙げられます。

READ MORE
男の人

システムで解決できる課題

今では、多くの企業があらゆる部門で課題を抱えています。特に、営業部門やマーケティング部門では顧客情報の取り扱い方で利益に影響を及ぼします。もしも、自社の課題で悩んでいるならCRMシステムの導入を検討しませんか?

READ MORE
女性

CRMシステムの見るべきポイント

CRMシステムの導入を検討しているなら、システムを提供している企業をきちんと選定しておく必要があります。果たして、そのCRMシステムが自社に合っているのかなど様々な観点から選ぶといいでしょう。

READ MORE
システム

CRMの種類

CRMシステムには大きく分けて実行系のCRM、分析系のCRM、協働系のCRMと三つに分けられます。その中で自社に合ったシステムを導入することをおすすめします。こちらでそれぞれの特徴をチェックしましょう。

READ MORE
広告募集中